都内会員制出会いサイトのサクラ撃退法

サクラとは、公演主催者や販売店に雇われて客の中に紛れ込み、特定の場面や公演全体を盛り上げたり、商品の売れ行きが良い雰囲気を作り出したりする者を指す隠語です。
当て字で偽客とも書かれます。
本来は江戸時代に芝居小屋で歌舞伎をタダ見させてもらうかわりに、芝居の見せ場で役者に掛声を掛けたりしてその場を盛り上げること、またはそれを行う者のことをサクラといいました。
桜の花見はそもそもタダ見であること、そしてその場限りの盛り上がりを桜がパッと咲いてサッと散ることにかけたものだといわれています。
これが明治時代に入ると、露天商や的屋などの売り子とつるんで客の中に入り込み、冷やかしたり、率先して商品を買ったり、わざと高値で買ったりするような仕込み客のことも隠語でサクラと呼ぶようになりました。
サクラを「偽客」と書くようになったのは、この露天商などが用いた当て字が一般に広まったものといわれています。
今日では、マーケットリサーチや世論調査などにおいても、良好な調査結果をもたらすために主催者側によって動員されたりあらかじめモニターや調査対象者の中に送り込まれた回し者のことを、サクラと呼ぶこともあります。

■出会い系とサクラ
サクラは、登録の際は通常の会員と同じ手順で登録しています。
その為、サクラといえども、存在自体はサイトのルールにのっとっています。
その中身、プロフィールはある程度充実しています。
仕事ですし、相手をみつけないといけないのはサクラも同じですから、当然なのでしょう。
ここでサクラは、人を集めるのにも有効的な方法をとってきます。
その手段とは画像の掲載です。
しかも、この画像は鮮明である事が多く、一般的に魅力的な人物が使われています。
若くて派手で、いかにも会えそうなイメージの女性が多いでしょうか。
その為、ある程度文章がおかしくても、内容はこちら側で補正されてしまう事もあります。
写真一枚といえども、色々な効果があるわけですね。
また、男性側は一般的に女性の相手に飢えているケースが多いです。
女性会員の方が少なく、メールの返信は少ない、この状況では数少ないメールに頼るしかないわけです。
その為、余計にサクラかもと疑っていても返信してしまう事が多いのです。
出会い系サイトは、各種メディアの報道でも危険な面があることは良く指摘されています。
対策はされていくのでしょうが、最も信じられるのは自分自身です。
相手をよく知り、正しく判断をしていきましょう。
出会い系のサクラを見分ける内容はいくつかあります。
メールの内容は始めからとても長く、似たような内容ばかりだという点があります。
メール相手であるこちらのプロフィールについて触れていないものも多いでしょう。
これはメールが機械的に送られていることを指していて、疑ってかかっても良い点でもあります。
他サイトに誘導しようとしたり、早期の段階でアドレスの交換を希望するのもポイントの一つです。
アドレスの交換は実際にあることかもしれませんが、他サイトへの誘導は限りなく怪しいといっていいでしょう。
誘導してそこで話す意味が皆無だからです。
日記などもっともらしい理由を上げる人が多いですが、それも考えずともおかしな話です。
しかし、出会い系サイトの女性ユーザー全てがサクラではありません。
私が実際に会った女性の中には、サクラだと決め付けられて男性からメールで罵声を浴びせられた経験を持つ人が何人もいました。
サクラに騙され心が傷ついてしまったのは同情しますが、それ故に臆病になりすぎ、無関係な人を傷つけるようなことはしないよう、くれぐれも気をつけてください。
正しい目を持ち、より良い出会いが果たせることをお祈りしております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

© 2014 本当に会える都内会員制出会いサイト一覧. All Rights Reserved. Theme WP Castle by Saeed Salam.